ななころびやお記

27歳国語科。「ことばを介して仲間とつながる」をテーマに日々奮闘中。国語の授業、中学生とのクラスづくり、部活運営、ちょっとした工夫などを中心にゆるゆると日頃の思ったこと、気づいたこと、思いついたことを書き綴っていきます。

国語

良い国語科授業三条件 ~実際に頭を動かしながら考えてみた~

今回は、堀 裕嗣さんの本を紹介しながら、一緒に「良い国語の授業って?」を考えたいと思います^^ 国語科授業づくり入門 (THE教師力ハンドブック) 作者: 堀裕嗣 出版社/メーカー: 明治図書出版 発売日: 2014/10/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログを…

メモ書きVSノート術…「頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?」

やっと評定→所見→通知表の怒涛ラッシュを終えて夏休みが見えてきましたね。 …とはいえ、中学校教師の皆様は「スーパー部活シーズン」に差し掛かるだけ、という方もおおいかもしれませんが…^^;さてさて、今回はノート術の書籍を読みました。 ノート術に代わる…

【古典×ICT】私がPower Pointを用いる3つの理由(画像あり)

画面の前の皆さんはどのようにICTを授業に取り入れていらっしゃいますか?^^ 私が、ICT教材を最も頻繁に使っている単元は「古典」です。 何人かの先輩から、「古典の学習には、ICT教材がいいよ」というお話をいただき、2年目以降Power Pointを使用して教材…

学びある定期考査にしたい。「書く」力を通して伝えさせる発問を求めて。

定期テストの採点をしていたらこんな時間になってしまっています^^; 明日起きられるか不安に思いながらも、今浮かんだフィーリングを書きとめようと思います。 学校の定期考査だからこそ・・・ この分野、人によって意見が分かれるところであると思いますが…

【話す・聞く】生徒資料から振り返るぷち・ワールドカフェ実践記録

先日書いた、ワールドカフェ、やってみました。 今回は、生徒の書いた「落書きメモ」と「感想」から、実践を振り返りたいと思います。 (なお、生徒の名前が書かれているところには、モザイク処理をかけました。) 「落書きメモ」と「発表用清書」から 「発…

【話す・聞く力】教室ファシリテーション「ワールドカフェ」に挑戦してみようと思う。

意識的に取り組まないとなかなか時数確保ができないのが「話す・聞く」の活動。 でも、私は、コミュニケーション能力の低下が叫ばれる昨今、この分野をとっても大切にしたいと思うのですよね。 私は、国語の授業の中で、たまに単元と単元のスキマができては…

【生徒主体の国語教室を目指して】挙手発言で創る全員参加型授業「一読総合法」のススメ。

光村の新教材、「花曇りの向こう」を例に、私が一番オススメする「一読総合法」から学んだ授業スタイルをご紹介します! 今から始める一読総合法 作者: 児童言語研究会 出版社/メーカー: 一光社 発売日: 2006/04 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を…

フォント変更も一瞬!テスト作りに役立つショートカットキーテク!

私は、テストを作る際、問題用紙はWordを使っています。今日は、ちょっぴり役立つショートカットキーをお伝えします! 【ctrl】+【Y】で、らくらくフォント変換。 国語のテストを作っていると、部分的に太字にしたいことなどが出てきます。たとえば、 あて…

30秒で脳を活性化させるささやかなペアワークのすすめ

これはどの教科にもあてはまると思うのですが、ほんの少しだけでいいから、生徒に意見交換をさせたいときってありますよね。 メモもいらないし、ホワイトボードもなくていい。 なんなら、このちょっと眠たい空気がなんとかなってくれればそれでいい…。 そん…

書評:赤羽雄二『ゼロ秒思考: 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』

はじめまして、FC2から移行して第一弾の「ななころびやお記」です! 最近読書をしてみようかなと思って本屋さんに行くのですが、久しぶりに習慣化しそうなものに出会ったので、書き記しておこうと思います。 思考が整理されたスマートな人間でありたいと思う…