ななころびやお記

27歳国語科。「ことばを介して仲間とつながる」をテーマに日々奮闘中。国語の授業、中学生とのクラスづくり、部活運営、ちょっとした工夫などを中心にゆるゆると日頃の思ったこと、気づいたこと、思いついたことを書き綴っていきます。

集中力ゼロの私が「通知表所見」を一気に書き上げるための3つの方法

みなさんは通知表所見をどのように書いていらっしゃいますか。

 

私の所見あるある

  • 「ちくちくと書き溜めておけばよかった。」とぼやく。
  • 「所見の神が降臨しているときだけはぐいぐいかけるのに…」という根拠のない言い訳をしたくなる。
  • 一人目のテンションと最後の人のテンションがだいぶ違う。
  • 書き終えたら全部見直そうと心に決めたはずなのに、締め切りギリギリに書き終わったその達成感でその高い志はどこかに消える。
  • 早めにやろうと思っていたのに評価評定をつけていたら気づくと所見締め切りが迫っていることに気づきあせる。
  • こんな自分を脱却するぞと次の学期の自分に期待する。

みなさんもいくつか共感していただける部分があるのではないでしょうか^^;

 

そんな自分でもペンが止まらずに書けた3つの方法

  1. 集中できる環境に身を置く。
  2. 時間を計りながらまずは勢いで書く
  3. 自分なりの「型」にはめる。

 

1 .集中できる環境に身を置く

所見書きは結構集中力を必要とする作業です。

ところが、職員室には誘惑が多く、多動傾向の私には大変所見書きには向かない環境です。

  • 仲間とのおしゃべりに15分使ってしまった自分に気づく
  • コーヒーでも淹れようかしら…と5分
  • あっ、明日の授業プリント印刷しなきゃ…印刷室から帰ってきたら10分経ってた
  • 電話かかってきちゃった…シカトするわけにもいかないし…で15分
  • パソコンの使い方を聞かれて気づいたら20分…

いいんです、1つも悪いことはしていません。ところが、これらは所見を書くというミッションを遂行するという目的にはつながらない行動です。

そこで、私は教室に避難します。

 

2.時間を計りながらまずは勢いで書く。

たとえば、1人5分で書くという目標を立てたとします。

学級の人数が32人だと仮定すると

5分×32人=160分

=2時間40分

という全体の見通しが立ちます。

 

しかし、そんな長時間私には集中できません^^;

そこで、4人20分×8セットという個分けをします。

1日に1時間…3セットずつなら3日で終わります。

 

タイマーをセットすると追い込まれるので、自然と無駄な動きを省こうとします。

30分程度なら集中力も継続できます。

そして、4人分取り組んだらはい終了。

時間を記録して、自分のコンディションを図ります。

5分程度コンディションに合わせて休憩をとってもよいでしょう。

 

 3.自分なりの「型」にはめる。

最近の生徒たちの特徴だと先輩は話していましたが、お互いに通知表を見せ合います。

そのときに所見の書かれ方に不公平性が生じてしまっては、受け取った子どもたちからすればがっかり…。

そこで、型だけでもととのえようと考えました。

 

たとえば…

あたたかい人柄で幅広く仲間を受け入れてくれる○○くん。

まずは、その生徒の人柄を肯定的に表現します。

「明るく朗らかで」「物事を冷静に考え」「仲間への気配りを忘れず」など、いくらでも考えつきます。できれば、導入なので本人が認知している方向から入れるとスムーズだと思っています。

運動会の「君はどこかでヒーロー」の取り組みでは、仲間一人一人のいいところを本気で考えてくれて、ありがとう。

今回の所見では、具体的な「ありがとう」の場面を一人一人にフィードバックしました。ぼやけないことが大切だと考えます。

ネタが見つからない生徒がいるというお声も聞こえてきそうです。

しかし、「一学期を振り返って」を見れば、なにかしら拾えます笑

学習面では、提出物の取り組みが丁寧で、思いを文に表すことも上手です。
あなたのことばには説得力があるので、2学期は挙手発言で仲間に伝えることに挑戦してほしいと思います。

よい点のフィードバックからの勇気づけ、そして新たな課題提示です。

具体的に行動を指示してしまうかどうかは、その子のタイプに合わせて考えています。

夏休みは野球部と学習の両立ができるよう応援しています。2学期、成長したあなたに会えることを楽しみにしています。 

 新学期あなたにまた会いたいなという気持ちは全員に伝えていきたいと思っています。ここは、「来られるとよい」という価値判断ではなく、「会えたらうれしい」という感情で語る方が印象的かな、と考えています。

 

 ちなみにExcel関数「len」を使って字数を数値化しておくと便利です。

 

おわりに

いかがでしたか。

日本中の担任の先生がやられていると思うのですが、初任者研修などで教えていただいたことは一度もなく、身近な先生方に学ぶという職人芸のようになっています。

 

まだ、私のスタイルも課題はたくさんあります。

関連書籍もいろいろあるようです。

さらに研鑽を深めたいものです。

 

 

中学校通知表ポジティブ所見辞典―調査票・要録、面談にも使える2242文例 (教職研修総合特集)

中学校通知表ポジティブ所見辞典―調査票・要録、面談にも使える2242文例 (教職研修総合特集)